舞鶴市・大浦地区を訪ねて

舞鶴市・大浦地区を訪ねて

 

 若狭湾に突き出した大浦半島の大部分を占める舞鶴市大浦地区。緑の山々と青い海が広がる豊かな自然の中に、世界記憶遺産に登録される引揚記念館や古刹・多禰寺、アジサイが見頃を迎える自然文化園、ふるるファームなど、魅力的な見所が点在している。

開館30周年を迎えた
引揚記念館

 大浦地区へは国道27号「大門松島」の交差点から府道21号(舞鶴野原港高浜線)で向かう。海上自衛隊教育隊、日本板硝子などを見ながら舞鶴湾の海岸線を走る。大浦地区に来たらまずここを訪ねたい。今年4月24日に開館30周年を迎えた舞鶴引揚記念館である。
 「岸壁の母」の歌とともに引き揚げのまちとして知られる舞鶴。同館は、その史実を後世に継承し平和の尊さを発信する拠点施設として1988年に建設された。2015年には、所蔵する引揚関係資料570点がユネスコ世界記憶遺産に登録され、全面リニューアルされた。今回さらに、抑留生活体験室、引揚体験者が描いた回想絵画の展示室などを整備。幅広い世代が体感できる施設へと生まれ変わった。

【データ】
舞鶴市平1584/TEL?0773-68-0836/9:00~17:00(入館は16:30まで)/第3木曜休(8月と祝日を除く)/入館料:大人300円、小学生~大学生150円


(写真)舞鶴引揚記念館。開館当初、約2400点だった収蔵資料は16000点に増えた


(写真)引揚者を迎え入れた平引揚桟橋。1994年に復元された(引揚記念館から1.3km)

由緒ある古刹に重文の仁王像
多禰寺(たねじ)

 舞鶴引揚記念館から約7km、深い森の中にたたずむ多禰寺(たねじ)は、聖徳太子の弟・麻呂子親王が飛鳥時代に創建したという由緒ある寺院。本尊は薬師如来で、西国薬師霊場第30番札所でもある。仁王門の木造金剛力士立像は鎌倉中期の運慶作と伝えられており、国の重要文化財に指定されている。現在は本堂横の宝物殿に収蔵されている。

【データ】
舞鶴市多祢寺346/TEL?0773-68-0026/9:00~17:00/境内志納(100円程度)、宝物殿拝観500円


(写真)目の前には舞鶴湾を望む大パノラマが広がる

(写真)古くからの歴史文化財を多く収蔵している多禰寺本堂


(写真)2羽の鶴をイメージして造られた舞鶴クレインブリッジ。全長735m、水面からの高さは95m

日本海を望む
空山展望台

 多禰寺から林道三浜空山線で7kmの所にある空山展望台を訪ねた。海抜550mからの眺望はまさに雄大。目の前には日本海の水平線が広がり、足もとに成生(なりう)岬、沖合いにオオミズナギドリの繁殖地として島全体が天然記念物に指定される冠島、沓(くつ)島、天気が良ければ、越前岬から丹後半島の経ケ岬まで若狭湾全体を、運が良ければ北陸の名峰・白山(標高2702m)を見ることもできるという。


家族みんなで楽しめる
農業公園と親海公園

ふるるファームは自然に囲まれた農業公園。ビュッフェスタイルの農村レストラン、お菓子工房、マーケット、コテージ、クラインガルテン、野菜畑、小さな牧場などがコンパクトに集まっている。日本海に浮かぶ冠島を見ながら食事が楽しめるレストランは大人気で行列ができるほど。

【ふるるファームデータ】
舞鶴市瀬崎60/TEL0773-68-0233/9:00~17:00/火曜休/入園無料 ※レストランは11:00~15:00(土曜日は11:00~16:00、18:00~21:00)、お菓子工房は10:00~17:00 


 舞鶴湾の入り口にある海沿いの公園が舞鶴親海公園。海釣り護岸で釣りをしたり、船を眺めたり、様々な楽しみ方ができる。船舶型ミュージアム「エル・マールまいづる」には日本初の海上プラネタリウムが登場。レストランm’s deliでは、名物の黒ハヤシライスや舞自カレーなどが味わえる。

【親海公園データ】
舞鶴市千歳897-1/入園無料/【レストランm’s deli】TEL?0773-68-1663、11:00~18:00(夜間は予約制)、水曜休(祝日の場合は翌日休)
【エル・マールまいづる】TEL?0773-68-1090、9:30~17:30、火・水曜休(祝日の場合は翌日休)
※海釣り護岸に関する問い合わせはレストランへ


 舞鶴ふるるファームから山あいに続く林道三浜瀬崎線を約4.5km走ると三浜展望広場に着く。空山展望台より西に位置するここからは、伊根町から栗田湾、丹後由良にかけて丹後半島の眺望が楽しめる。右上の写真中央の半島は舞鶴湾の入口にある博奕(ばくち)岬。その先端に白亜の灯台が建っている。
 2つの展望台は、林道三浜瀬崎線、同三浜空山選で行き来でき、林間から見え隠れする景色を楽しみながらハイランド・ドライブが楽しめる。ただし、九十九折りの道が続くので運転は慎重に。




ひと目10万本
アジサイまつり開催中

 この時期、ぜひ訪れたいのが舞鶴自然文化園。舞鶴引揚記念館から多禰寺に向かう途中にある。国内外の貴重な植物を集めた自然豊かな公園で、ツバキ園、アジサイ園、しゃくなげ園など、1年を通していろいろな花が楽しめる。



 6月8日(金)~7月8日(日)は「アジサイまつり」を開催。約2haの斜面を約100種10万本のアジサイが埋め尽くす。期間中の土・日曜日を中心に、特設ワンワンひろば(6月9・10日)、ミニコンサート(6月17日)、あじさいマーケット(6月23・24日)などを開催。カフェ「ふろーら」では飲み物や軽食を提供する。



【データ】
舞鶴市多祢寺24-12/TEL?0773-68-0221(期間中)/9:00~17:00(入園は16:30まで)/入園料:大人300円、小・中学生150円


大浦半島周遊マップ(クリックすると拡大します)