海の京都 旬の食材フェア・春

海の京都 旬の食材フェア・春

この時期ならではの味を産地で楽しむ
2018年6月30日(土)まで

心うきうきする春がやってきた。日本海の魚介も顔ぶれが交代。
カキやアカガレイ、丹後とり貝などがおいしい季節になってきた。
新鮮な海の幸を新鮮なままおいしく食べられる店を紹介する京都府の「海の京都旬の食材フェア」も、3月から春のフェアに衣替えした。
この時期、なにがおいしいのかな?

のぼり旗を目印にどうぞ


プリップリの身が踊る
カキ

 旬の食材としてピックアップしているのは「カキ」「アカガレイ」「丹後とり貝」「マアジ」「マダイ」「ハタハタ」。このうちカキは3月限定になっている。
 栄養豊富な京都の海で育ったカキは、身がプリップリで味は濃厚。蒸しガキ、カキ鍋、カキフライなど、海を凝縮した味が楽しめる。


魚の王様
マダイ

 魚の王様は、タイ。マダイがこれからおいしくなる。旬は春と秋。特に春にとれるマダイは「桜鯛」と呼ばれ、人気が高い。くせがなく、刺し身や焼き物、煮付けなど色んな調理ができる。京都府漁業協同組合(JF京都)の人たちは「アラ汁がまた最高にうまい」と話す。




活け締めで刺し身に
アカガレイ

 近年話題なのがアカガレイ。生きたまま港まで持ち帰り、活け締めをすることで鮮度を保ち、漁師しか食べられなかった刺し身が、飲食店でも食べられるようになった。いまや「活〆京のあかがれい」がブランドになっている。


全国の高級店が垂涎
丹後とり貝

 丹後とり貝は「京のブランド産品」水産物第1号。一般的なとり貝と丹後とり貝では大きさが全く違う。肉厚なのにやわらかく、全国の高級寿司店垂涎の食材になっている。出荷時期は5月中旬~6月下旬の予定(生育状況によって前後する)。

マアジ

 マアジは春から夏にかけて旬を迎える。府北部の店なら新鮮なまま調理されるので、脂がたっぷりのって、刺し身やフライは特に絶品。

ハタハタ

 京都のハタハタは皮が柔らかいのが特長。煮付けのほか、干物も美味。



【海の京都 旬の食材提供店】
 こうした旬の食材を味わえる「旬の食材提供店」が、海の京都エリア(福知山、舞鶴、綾部、宮津、京丹後、伊根、与謝野7市町)で21の提供店と、多くの協力店がある。提供店リストは公式ホームページで。検索は「海の京都旬の食材」



 この時期ならではの海の幸を使った昼食を提供する「海の京都旬の食材提供店」が京都府北部に21店。このうち6店をご紹介。「海の京都旬の食材」で検索するとホームページで全店が紹介されている。

↓↓お店を6店ピックアップ↓↓

福知山
江戸前握り 華寿司
カキ 丹後 とり貝 ハタハタ マアジ
舞鶴港で水揚げされる新鮮な魚を毎日仕入れ、京都で修行を重ねた大将が包丁を振るう。米は地元福知山の豊富米。野菜も地元産で地産地消にこだわっている。


カキ土手鍋 1,620円(要予約、3月限定)
食べごたえあるカキを楽しめる。丹後とり貝は5月限定。マアジ、ハタハタも入荷次第。

福知山市篠尾新町3-75-7
TEL0773-22-6000
(営)11:30~14:00(LO13:30) 17:00~22:30(LO22:00)  
(休)水曜、第3火曜  
(P)5台


伊根
舟屋日和・鮨割烹 海宮
マダイ
伊根湾を望む店内で、その日に揚がった海の幸を地酒とともに楽しめる鮨割烹。店名は海の神様「ワダツミ」と、地元に残る浦島伝説の「竜宮」から命名した。

真鯛のしゃぶしゃぶ鍋 3,240円(要予約)
桜の咲く時期は「桜鯛」と呼ばれる真鯛。上品な脂ののった真鯛をしゃぶしゃぶで提供。

伊根町平田593-1
TEL0772-32-1700
(営)11:30~14:00LO 17:00~19:30LO
(休)火・水曜  
(P)無


京丹後
風蘭の館 かき小屋
カキ
地元の活性化協議会が冬場にカキ小屋を開設(5月31日まで営業予定。カキがなくなり次第終了)。久美浜湾で自家養殖したカキを使っているので、安く提供できる。


カキの食べ放題 2,700円(予約不要)
60分食べ放題。ほかにカキフライ、カキご飯、カキグラタン、カキラーメンなども。

京丹後市久美浜町蒲井518-1
TEL0772-83-1033
(営)11:00~14:00  
(休)水曜  
(P)30台


宮津
吉野茶屋
カキ
日本三景天橋立、智恩寺山門前にある店。江戸中期から名物「智恵の餅」を製造販売。

阿蘇海天然牡蠣のアヒージョ&リゾット丼 2,000円(要予約、3月限定)
天橋立の内海、栄養豊富な阿蘇海で育った旬の天然カキをオリーブオイル鍋でアヒージョに。シメは、トマトチーズリゾットで。カキフライは1個200円(テイクアウト可、3月限定)。

宮津市文珠468-1 
TEL0772-22-6860
(営)冬季10:00~17:30(LO17:00) 
   夏季9:00~18:30(LO18:00)  
(休)原則火曜
(P)無


宮津
なみじ
マアジ 丹後 とり貝
マダイ店主と女将が利き酒師の寿司店。丹後産の魚、米、酒、玉子、醤油で組み立てた料理を楽しめる。

地魚にぎり 2,160円(予約不要)
とれたての地魚と地米(丹後コシヒカリ)が引き立つ。丹後とり貝にぎり(時価)は要予約(5月中旬~6月下旬)。

宮津市波路2402-2 
TEL0772-20-1188
(営)11:30~14:00(LO13:30) 17:30~22:00(LO21:30) 
(休)水曜、第3火曜  
(P)7台


宮津
マダイ山一水産  おさかなキッチンみやづ店
マアジ ハタハタ
宮津の自慢の鮮魚や干物が豊富にそろい、セリ体験や魚詰め放題などが出来る体験型鮮魚店。自分で海鮮丼を作れる「お好み海鮮丼」や「魚屋さんの惣菜」も人気。

お好み海鮮丼 (予約不要)
ネタ一品200円(税抜)、ご飯カップ200円(税抜)。好きなネタで自分だけの海鮮丼が作れます。

宮津市字浜町3008(道の駅「海の京都宮津」内)
TEL0772-25-1014 
(営)10:00~17:00(お好み海鮮丼は平日は15:00まで)  
(休)水曜  
(P)56台