"ほんまもん"の まいづる海自カレー

“ほんまもん”の
まいづる海自カレー


スタンプラリー実施中!

 みんな大好きな国民食、カレーライス。海軍ゆかりの舞鶴市では、「金曜日はカレーの日」プロジェクトを展開し、現在、舞鶴在籍の海上自衛隊艦艇・部隊・学校のカレーが市内の店舗で食べられるイベント「まいづる海自カレー」を実施中! スタンプラリーですてきなオリジナルグッズがもらえる。

「金曜日はカレーの日」
プロジェクトとは


 1901(明治34)年に舞鶴鎮守府が開庁され、戦後の1954(昭和29)年には日本海側唯一の海上自衛隊基地が設けられた舞鶴。市内には、その歴史とともに歩んできた、たくさんの文化や建造物が残されている。
 その一つがカレーライス。海上自衛隊では、長い艦上生活で曜日感覚を失わないように、毎週金曜日のお昼にカレーライスが食べられている。
 この習慣にちなんで2011(平成23)年4月に「金曜日はカレーの日」と題し、実験的に4店でカレーを出す取り組みを実施。これが好評であったことから、参加店を募り同年12月に29事業所32店舗でプロジェクトがスタートした。現在では、48事業所55店舗の飲食店・小売店が参加し、個性豊かなカレーメニューや商品を提供。市内の小中学校の給食でも、金曜日にカレーにちなんだメニューを出すなど、市内全域で取り組んでいる。

参加店に上がるのぼり

「まいづる海自カレー」とは


 「金曜日はカレーの日」プロジェクトではこれまで、「親子でカレーコンテスト」「金カレグランプリ」「チャレンジカリーラリー」など様々なイベントを実施してきた。その一環として、昨2017(平成29)年度から始めたのが、絶品と評判の海上自衛隊の艦艇・部隊・学校のカレーが市内飲食店で食べられるこのイベント。今年度は1店舗多い13店舗で味わうことができる。
 「まいづる海自カレー」の売りは海上自衛隊の全面協力で実現した“ほんまもん”の味。各艦艇・部隊・学校の料理長が腕によりをかけたレシピを使用。調理員から直接指導を受けて調理している。そのうえで毎週食べている各艦艇・部隊・学校の長に認定されて初めて出すことができる。舞鶴でしか味わうことができない「まいづる海自カレー」をぜひどうぞ。


スタンプを集めてすてきな
オリジナルグッズをもらおう


「まいづる海自カレー」スタンプラリー実施中!
【2019年3月31日(日)まで】

 参加店・観光施設などにある「まいづる海自カレー」スタンプラリーの台紙を手に入れ、各店舗のスタンプを集めよう。スタンプ3個で「オリジナル缶バッジ」、8個で「オリジナルスプーン」、全店を回って13個集めると「オリジナルカレー皿」がもらえる。

 さらに、その中から抽選で30人を「海上自衛隊舞鶴地方隊見学ツアー」にペアで招待。ちなみに、昨年度は156人が完全制覇。中には関東から訪れた人もいた。



護衛艦「みょうこう」
ビーフカレー。牛ロース肉を前日から煮込んで寝かせたブイヨンがベース。ぜいたくな旨みに、タマネギの甘みがある。販売するゴロースカイカフェナナコでは、目印の旗を立て、グッズの販売も行っている


護衛艦「まつゆき」
ビーフカレー。欧風のスパイシーな大人の味と、桃のフルーテイーな甘さが調和する刺激的な味


護衛艦「あたご」
ビーフカレー。豪華に牛ロースを使用。スパイシーな辛さに白桃が隠し味という絶品カレー


第4術科学校
「元祖海軍」カレイライス。『海軍割烹術参考書』に基づいた元祖海軍カレー。風味豊かでまろやか


参加店舗一覧
クリックすると大きく表示されます

「金曜日はカレーの日」「まいづる海自カレー」については
「金曜日はカレーの日」プロジェクト事務局 TEL0773-62-4600(舞鶴商工会議所)まで