天橋立 府中地区を訪ねる

宮津市
天橋立 府中地区を訪ねる



 秋風そよぐ天橋立は散策に持って来い。天橋立から元伊勢籠神社、傘松公園を経由して成相寺に向かうルートは見所豊富で、今月末に行われる天橋立ツーデーウオークの健脚コースにも盛り込まれている。山中に続く険しいルートだが、ケーブルカーや登山バスを利用すれば、誰でも気軽に訪ねることができる。途中にある傘松公園は日本三景・天橋立の独特な楽しみ方「股のぞき」発祥の地とされている。

 

日本一のパワースポット


 元伊勢籠神社、傘松公園などがある宮津市府中地区は、京都丹後鉄道天橋立駅がある文珠地区から日本三景・天橋立を挟んだ対岸になる。

 車なら国道178号でのアクセスになるが、文珠からは天橋立の松林の中を徒歩や自転車で、また内海の阿蘇海を観光船やモーターボートで向かうこともできる。


(写真)国道178号線から府中駅に向かう通りには食事・土産物の店が並ぶ

(写真)散策の途中でちょっと一休み。茶房かむながら(籠神社駐車場内)

 天橋立から府中地区に入ると、丹後地方きっての格式を誇る丹後一宮・元伊勢籠神社、その奥宮・眞名井神社が現れる。


(写真)山陰道唯一の大社、最高の社格と由緒を誇る元伊勢籠神社

 元伊勢と呼ばれるのは、天照大神(あまてらすおおみかみ)、豊受大神(とようけのおおみかみ)が伊勢神宮に鎮座する前に、この地にまつられていたことから。その由緒を物語るように、本殿正面には伊勢神宮と籠神社にしかまつることが許されていない五色の座玉(すえたま)が輝いている。
 近年は、ここが日本一のパワースポットと訪れる人も多い。
 眞名井神社の社殿は現在修繕中。10月15日(月)には修繕を終えた社殿で眞名井神社例祭が行われる。


(写真)元伊勢籠神社奥宮 眞名井神社に湧く御神水「天の眞名井の水」

股のぞきで「昇龍観」


籠神社の背後にあるのが股のぞき発祥の地とされる傘松公園。海抜130mの山上まではケーブルカーまたはリフトで向かう。ケーブルカーは最大斜度25度の斜面を4分かけて、リフトは6分かけて結ぶ。上りはケーブルカー、下りはリフトでという楽しみ方もある。


(写真)10年ごとに行われるリフトのワイヤー交換にたまたま遭遇

 傘松駅がある「Ama Terrace」(アマテラス)では、食事や買い物が楽しめる。周辺には、名物の股のぞき台、天橋立を「斜め一文字」に見る絶景スポット「コロッセオ」、ガラス張りの床で空中散歩が楽しめるスカイデッキなどのビューポイントが点在する。


(写真)スカイデッキ。手すりや一部床面がガラスでスリル満点

 さらに、そこから徒歩3分、一番見晴らしの良い所が股のぞき発祥の地とされる場所で、公園の名前にもある名木「傘松」がある。ここから見る天橋立は、右肩上がりに勢いよく天へ昇っていく龍の姿のようで大変縁起が良いことから「昇龍観」と呼ばれている。


(写真)傘松公園にある股のぞき発祥の地で体験。海が空に見えて不思議

願いが叶う寺を参拝


 傘松公園から登山バスで西国三十三所第二十八番札所、成相山成相寺へ向かう。約2㎞の険しい山道を約7分かけて登る。


(写真)山中を走る登山バスが傘松公園と成相寺の間を7分で結んでいる

 成相寺は慶雲元年(704)に真応上人が開基したという古刹で、本尊は聖観世音菩薩。古より願いが叶う寺として知られてきた。
 山門から本堂に続く石段右手にある「撞かずの鐘」には、その音色が鐘を造る際に誤って命を落とした乳飲み子の悲しい泣き声に聞こえてくることから、二度と鳴らされることがなかった、という悲しい伝説が秘められている。


(写真)山門を入った所に悲話を伝える撞かずの鐘が静かにたたずむ

 さらに上に行くと石段左手に、一つの願いを一言でお願いすれば、どんな事でも叶えてくれるという「一願一言地蔵」。境内には国指定重要文化財の「鉄湯船」。


(写真)成相寺本堂の左手にある国指定重要文化財の「鉄湯船」

 本堂内には、右から見ても左から見ても自分の方を見ているように見える左甚五郎作の「真向きの龍」など、見どころが豊富だ。また、海抜350mの成相寺からさらに150m上ったところにあるパノラマ展望台からは、遠く越前海岸や白山まで見渡すことができる。
 成相寺へは、府丹後郷土資料館を経由して自動車で向かうこともできる。


9月29・30日
天橋立ツーデーウオーク開催


 特別名勝・天橋立を舞台にした宮津市の「健康づくり運動」のシンボルイベント「第27回天橋立ツーデーウオーク」が9月29日(土)・30日(日)に開かれる。島崎公園グラウンドをスタート・ゴールに、6km~30kmの7コース。30日の成相寺・阿蘇海健脚コース(23km)では、今回の特集のルートを歩く。当日参加もできる。詳しくは実行委員会事務局TEL0772-45-1624まで。


問い合わせ先
丹後一宮 元伊勢籠神社、奥宮 眞名井神社/TEL0772-27-0006
天橋立ケーブルカー・リフト、登山バス/TEL0772-27-0032(丹後海陸交通 成相営業所)
成相山 成相寺/TEL0772-27-0018