秋の味覚の宝庫、京丹波を訪ねる

秋の味覚の宝庫、京丹波を訪ねる

 
 京丹波町では、丹波高原特有の気候・風土を生かして、四季を通して質の高い様々な農林産物が生産されている。中でも実りの秋は、丹波栗、松茸、黒豆の枝豆をはじめ、おいしいものがいっぱい。沿道に秋の気配を感じながら、京丹波町を訪ねた。


丹波高原特有の気候、風土

 京丹波町は、丹波高原に位置する人口1万5000人ほどの小さな町。国道9号(山陰街道)、27号、173号、京都縦貫自動車道が集まる、京都と丹波、丹後、但馬、若狭を結ぶ交通の要衝に位置している。
 京丹波町は、古くから京の台所として、食文化を支えてきた。交通の便が良かったこともある。でも、何よりも当地で作られる農林産物は、とくに品質が高い。丹波高原特有の風土と、深く立ち込める朝霧、昼夜の寒暖の差により旨みが増すのである。
 秋の味覚の王様「丹波松茸」は、香りの良さで全国に知られている。古い歴史を持つ京都の秋を代表する「丹波栗」は、大粒で色つやが良く、甘い。大粒でシワがなく、煮炊きしても型崩れしない「丹波黒大豆」。粒が大きくて色艶が良く、高級和菓子に使われる「大納言小豆」。これだけでもそうそうたるもの。さらに近年は、丹波黒大豆を早取りした「黒豆の枝豆」が大人気。2001年から本格的に栽培が行われるようになった「瑞穂そば」は、新たな特産品として注目されている。また、古くから珍重されてきた「大黒本しめじ」、松茸菌と椎茸菌から生まれた「松きのこ」、大粒でシャキシャキとした食感とジューシーさが特徴の「ハタケシメジ」など、きのこ類も豊富。
 これらの農林産物や、その加工品、新鮮な朝取り野菜などは、町内の4つの道の駅などで販売している。


10月は「黒豆の枝豆街道」


 10月に旬を迎えるのが黒豆の枝豆。この時期になると、国道9号、27号、173号、そこから横道にそれた一般道沿いに農家の直売所が並ぶ。今年は、その数32か所。そのうち、黒豆畑に入ってもぎ取ることもできる所が10か所ある。直売所には目印として緑色の「黒豆の枝豆街道」ののぼりが立っている。


お得なクーポン付きのマップもあり、町内の道の駅などで手に入る。問い合わせは、京丹波町観光協会TEL0771-89-1717まで。


10月23日に「京丹波 食の祭典」

 京丹波ならではの“うまいもん”が大集合する「京丹波 食の祭典」(須知高校感謝祭同時開催)が10月23日㈰午前10時~午後3時、京都府立丹波自然運動公園、同須知高校を会場に開かれる。
 同町最大のイベントで、昨年は1万2400人が来場した。ご当地グルメナンバーワンを決定する「屋台グランプリ」や、ライブステージなどで盛り上がる。問い合わせは、京丹波町観光協会まで。


道の駅でお買い物を楽しむ

 交通の要衝だけに、町内には4つの道の駅がある。どの道の駅も、地元の取れ立て野菜の販売のほか、地元ブランド産品や加工品の販売、レストランなど充実している。

  ※クリックすると大きく表示されます

(1)道の駅 京丹波 味夢の里

 


 京都縦貫自動車道・丹波インターと京丹波みずほインターの間に昨年7月16日にオープンした、町内で一番新しい道の駅。ビュッフェスタイルの「丹波里山レストランBonchi」やフードコートでの食事、地元で取れた新鮮野菜や京都各地の土産物を集めた「京丹波マルシェ」での買い物などが楽しめる。


(所)京丹波町曽根深シノ65-1
(京都縦貫自動車道京丹波PA併設。府道からのアクセスも可能)
(営)京丹波ステーション(情報コーナー)9:00~18:00(受付時間)/丹波里山レストランBonchi11:00~20:00(L.O.19:00)/丹波大食堂(フードコート)10:00~20:00/京丹波特産品工房10:00~20:00/京丹波マルシェ(直売所・京みやげ・コンビニエンス)6:00~21:00
TEL0771-89-2310


(2)道の駅 丹波マーケス


 丹波インターから近く、京丹波町観光協会の事務所もあるので、情報入手には持って来い。スーパーマーケットなどショッピング街と、ハンバーガー、カレー、ラーメン、そばなどレストラン街がある複合施設。隣接の「うるおい館」では、毎週火・木・土・日曜日、午前8時から正午まで「丹波高原 朝採り野菜市」が開かれる。


(所)京丹波町須知色紙田3-5
(京都縦貫自動車道・丹波I.C.から北へ約500m、国道9号沿い)
(営)9:00~20:00 ※営業時間、店休日は店舗によって異なる
TEL0771-82-3180


(3)道の駅 和


 由良川を見下ろすロケーションが自慢。毎週水・日曜日、祝日には朝市(とれたて野菜市)が開かれ、地元野菜、農産加工品や特産品の販売が行われる。また、夏季は鮎、冬季は猪など、山・川・里の幸が食べられるレストランもある。道路情報センターでは定期的に和知人形浄瑠璃、和知太鼓の公演もある。


(所)京丹波町坂原上モジリ11
(営)8:30~18:30
※レストランは11:00~18:00
(休)火曜日(祝日の場合は翌日)
TEL0771-84-1008


(4)道の駅 瑞穂の里 さらびき

 


 緑豊かなスポーツリゾートゾーン「グリーンランドみずほ」に隣接。新鮮な取れたて野菜を販売する「朝市」のほか、地元産ハタケシメジ、ワイン、陶器など、商品のラインアップは数多い。軽食コーナーでは、地元産そば粉100%で自家製麺した十割そば(写真)、プリプリの葉酸たまごのたまごかけごはんが人気上位。


(所)京丹波町大朴休石10-1
(営)9:00~18:00(7~10月の土・日曜・祝日は8:30から) ※軽食コーナーは10:00~17:00(7~10月の土・日曜・祝日は9:00から)
(休)第2・4木曜日  
TEL0771-88-9350