京都で全国育樹祭

京都で全国育樹祭

福知山・綾部でも催し


 「育樹の輪 ひろげる森と 木の文化」をテーマに、第40回全国育樹祭が10月に京都府で開かれる。お手入れ行事と式典のほか、記念行事として福知山市で「森林・林業・環境機械展示実演会」、綾部市で併催行事「全国緑のこどもサミット」がある。福知山、綾部の行事は申し込み不要で、だれでも入場出来る。無料。

10月9日10日
スイーツや物販コーナーも
三和の工業団地で展示実演会
はたらく機械が集合


 森林・林業・環境機械展示実演会は10月9日(日)、10日(月・祝)の午前9時~午後4時30分(10日は午後3時)に、福知山市三和町みわ、長田野工業団地アネックス京都三和を会場に開かれる。

大人から子どもまでたのしめる

 一般公開の催しで、大きなハーベスタ、スイングヤーダ、間伐材搬送装置など、全国のメーカーが様々な「働く機械」を展示、実演する。日ごろ目にすることの無い珍しい機械がそろい、大人だけでなく子どもも楽しめる。
 また、バッテリーチェーンソーを使っての丸太切り、珍しい道具類の操作体験ができるほか、地元福知山スイーツをはじめ多くの物販・飲食ブースも並ぶ。
 育樹祭開催県で毎年最もにぎわうのが、この展示実演会。今年は1万3000人の来場を見込んでいる。問い合わせは府森林保全課、電話075-414-5028。

10月9日
野口健さんが特別講演
緑のこどもサミット


 全国緑のこどもサミットは10月8日(土)午前11時50分~午後3時20分に、京都府中丹文化会館(綾部市里町)で開かれる。全国から選ばれた「緑の少年団」による活動発表大会。アルピニストの野口健さんが「あきらめないこと、それが冒険だ」と題して特別講演する。聴講希望者は当日直接会場へ。
 野口さんは1999年、25歳でエベレスト登頂に成功し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を樹立した。エベレスト、富士山など世界の高峰で清掃活動に取り組み、環境の大切さを各地で訴えている。
 未就学児の入場は出来ない。託児ルーム(事前申し込み制)の利用を。サミットの問い合わせは府林務課、電話075-414-5016。

次代へ守り伝えよう
京都府の74%は森林

 京都府は面積の74%を森林が占めている。森が生み出す木材は木工などを通して文化をはぐくみ、建材として人びとの生活を支えてきた。また資源の供給地としてだけでなく、水を蓄えて自然災害を防ぎ、二酸化炭素を吸収するという大切なはたらきも持っている。
 こうした大切な森を守り、次の世代へつないでいくために、全国植樹祭を開催したことのある都道府県で順に開かれているのが、全国育樹祭。今年は10月8日に山城総合運動公園ふれあいの森(宇治市)で「お手入れ行事」があり、植樹祭で天皇皇后両陛下がお手植えになったしだれ桜と北山杉を、皇太子殿下がお手入れされる。翌9日には府民の森ひよし(南丹市)で「式典行事」があり、皇太子殿下のおことば、緑化関係表彰やアトラクションが行われる。
 また国際森林シンポジウム(育林交流集会)が亀岡市で10月8日、「森の京都」エクスカーションが京都市・京丹波町で10月10日に開かれる。

 

読者プレゼント
3人に

 

 第40回全国育樹祭の木製コースター、木製ハガキ、木製マグネット、木製クリップをセットにして読者3人にプレゼント。府内産ヒノキを使っていて、手にした感触、香りがやさしい。応募方法はプレゼント欄に。


 ----------------------------------------------------

丹波福知山スイーツフェスティバル
~お城とスイーツのまち福知山にドッ恋セ~

10月8日(土)

 秋の福知山は、甘くておいしいイベントがもりだくさん! 今年で4回目となる「丹波福知山スイーツフェスティバル」は10月8日(土)午前10時~午後3時、市厚生会館で開催。福知山や丹波・丹後・但馬の人気スイーツ店28店が集合。売り切れ必至だ。会場内では、手づくりお菓子教室、福知山茶のおいしい淹れ方教室などの催しも行われる。
 同日、すぐ近くの広小路通りで「広小路秋マルシェ」(10:00~15:00)、福知山城そばのゆらのガーデンで「ゆらの日和~マーケット~」(11:00~16:00)も同時開催。3会場を巡るとお菓子がもらえるスタンプラリーも(数量限定)。
 また、10月1日には「ふくちやま まちなかスイーツウォーキング」「福知山地方 丹波くりまつり」、16日には「ふくちやま まちあるきツアー」が開催。食べて、歩いて、秋の福知山を満喫しよう。

お問い合わせ:スイーツフェスティバル実行委員会事務局
(市観光振興課内)電話0773-24-7076

 

全47種、毎日楽しいイベント
てんこもり小浜フェスタ開催

市内全域で、10月30日(日)まで

 「祭」「食」「文化」「さとうみ体験」、小浜の魅力を47の楽しいイベントにした「てんこもり小浜フェスタ」が10月30日(日)まで、“道”、“海”、今年5月にオープンした“まち”の3駅をはじめ市内全域で開かれている。
 全国のご当地グルメが勢ぞろいし、毎年多くの人でにぎわう「OBAMA食のまつり」は10月8日(土)・9日(日)に開催。初開催の「鯖サミットin若狭おばま」(10月29日(土)・30日(日))には、全国津々浦々の鯖グルメが集合する。市内15店で自慢の海鮮丼・ちらし・にぎりが食べられる「海鮮てんはま丼まつり」。抽選で豪華賞品が当たる「3駅ぐるっとスタンプラリー」。鯖の加工、料理技術を知る「鯖づくし料理教室」。秘仏の特別公開&文化財めぐりバスツアーは隠れた人気という。


 全イベントの日時、場所、内容など詳しくは、パンフレットや「てんこもり小浜フェスタ」のホームページを参照。

主催:株式会社まちづくり小浜(おばま観光局)
電話0770-56-3366