夏に涼やかゆったり一献

夏に涼やかゆったり一献
― 丹波・丹後の冷酒めぐり ―

 暑い季節がやってきた。夏はビール、冬になれば日本酒というイメージが強いが、夏の喉にうれしい日本酒もある。各地の酒蔵はそれぞれ自慢の冷酒を持つ。風鈴の音を聞きながら、うちわ片手に涼み酒。丹波丹後の冷酒を訪ねて回った。

※各酒造から冷酒のプレゼントあり。応募はプレゼントページから(2016年7月1日締め切り)


福知山市・東和酒造 


【写真】杜氏の純さん。2児の母でもある

 福知山市六人部地区、のどかな里にある東和酒造は、江戸時代中期の創業。かつては市内に10軒以上あった酒蔵も、いまはここだけになった。杜氏を務めるのは10代目蔵元・今川新六さんの娘、純さん。地方の酒蔵で修行し、5年前から家業を継いだ。時代は変わっても、製法は昔ながらの手作りにこだわる。仕込みには、自家井戸から湧き続ける水を使用し、もろみを搾る工程は木槽で行う。重労働だが、木槽でなければ、まろやかで深みのある酒にならないという。

 蔵人は新六さん、夫の玄さんら3人のみ。玄さんとは朝も夜もずっと一緒に作業する。仕事に影響が出るので「けんかもできなくて困る」とおおらかに笑う。

 代表銘柄「福知三萬二千石」のほかに、地元六人部産の米で作る「六歓」など、新しい味を次々に生み出している。ラベルは味に合うようにデザインしていて、見た目で選ぶ「ジャケ買い」をしていく人も多い。


【写真】華やかなデザインのラベル

 暑いこの時期に飲むおすすめの2本を紹介してもらった。どちらも、独自の感性が生きていて、女性や日本酒初心者でも楽しめる味に仕上げている。


夏のにごり 純米酒

 

 もろみを粗めの布で濾し、濁りを残した白色の酒。アルコールは19度と高めで、口に含むと、とろりとした甘みと芳醇な米の香りが広がる。濃厚だが、舌に感じる微炭酸が爽やかで、アテがなくても十分に楽しめる。暑い日は氷を入れてロックで、もしくは、ソーダ水で割ってゴクゴク飲むのがおすすめ。焼き肉やお好み焼きなどのガッツリした食事にも合う。夏限定販売。720ml 1620円(税込み)


福知三萬二千石 スウィート&サワー 純米大吟醸 別誂限定品


 東和酒造の代表銘柄「福知三萬二千石」にフルーティーな香りと酸味を持たせ、ワインのような華やかな酒に仕上げた。度数は低めの12度。口の中がすっきりするので食前酒におすすめ。胃を適度に刺激し、食欲がわく。ワイングラスで飲むと香りが引き立つ。375ml 1620円(税込み)

冷酒を使って!
東和酒造オリジナル 日本酒カクテルレシピ

にごりカルピしゅ:「夏のにごり」にカルピスソーダを入れて、混ぜる

明智サワー:「福知三萬二千石スウィート&サワー」とトニックウォーター、炭酸水を3対1対2の割合で入れる

藍の福知山:「福知三萬二千石スウィート&サワー」とリンゴジュースを1対1の割合で入れ、ブルーキュラソーをバースプーン1杯加える

東和酒造
福知山市上野115,116,117
TEL0773-35-0008 
(営)9:00~17:00
(休)日曜・祝日

-------------------------------------------------------

綾部市・若宮酒造 
綾小町 純米生原酒


 銘酒「綾小町」の純米酒を火入れせずに貯蔵したものを、夏期限定で販売している。数量も200本限定の貴重なお酒。生原酒ならではのフレッシュな香り、飲み飽きしない辛口のすっきりした味わいが楽しめる。度数が高いのでロックがおすすめ。和食などさっぱりとした料理と相性がよい。あやべ特産館で購入できる。
 720ml 1500円(税別)。

綾部市味方町薬師前4
TEL0773-42-0268
(営)8:30~17:30  
(休)日曜・祝日

 --------------------------------------------------------

京丹後市・白杉酒造 
白木久 夏酒 純米生原酒 milky way


 トロリとした優しい口当たりなのに、スッと消えるようなのど越し、キリッとした後味が光る夏限定酒。氷を浮かべて、ロックで飲むのがおすすめ。米は、地元京丹後産コシヒカリのみ使用。蔵の地下から湧き出る超軟水の仕込み水が、米のうまみと香りを最大限に引き出している。大宮町の主要酒店で購入できる。
 1800ml 2808円(税込み) 720ml 1404円(税込み)。

京丹後市大宮町周枳954
TEL0772-64-2101
(営)9:00~17:00  
(休)日曜・祝日

 -------------------------------------------------------

与謝野町・与謝娘酒造 
華やかえる

 明治20年創業、6代目の若い蔵元が造る新しいタイプの日本酒。フルーティーな純米吟醸に微炭酸を加え、一層香りを引き立たせている。白ワイン感覚で楽しめ、洋食のお供に最適。冷やしてからワイングラスに注げば、名前の通り食卓が華やかになる。ラベルのカエルは蔵元の奥様がデザイン。酒造のオリジナルキャラクターとして人気を呼んでいる。
 500ml 1350円(税込み)。

与謝野町与謝2-2 
TEL0772-42-2834
(営)9:00~18:00  
(休)日曜・祝日

 -------------------------------------------------------

丹波市・山名酒造 
奥丹波 純米生酒

 江戸時代の創業以来300年間、枯れずに湧き続ける神地寺山伏流水と、丹波市産の酒米「兵庫北錦」で仕込む素朴で新鮮な味わいの純米吟醸酒。ろ過や火入れといった加工を施さず、凍る寸前の-5℃での氷温管理という、冷蔵技術が発達した現代だからこそ堪能できる酒。ラベルの木版画は地元・市島町の夏祭り「川裾祭」をイメージした。
 720ml 1620円(税込み)。

丹波市市島町上田211 
TEL0795-85-0015
(営)9:00~17:00  
(休)1月1日~3日