春の豊岡はイベントが盛りだくさん!


 

春の豊岡はイベントが
盛りだくさん!


 毎年4万人の観光客が訪れる「たんとうチューリップまつり」、“お菓子のルーツ”の地といわれる豊岡にたくさんの和・洋菓子が集まる「菓子祭前日祭」、日高町・神鍋高原に本格的な春の訪れを告げる「神鍋山水仙まつり」。春の豊岡は、美しい花々があふれ、人々のにぎわいに包まれる。
1年中で最もワクワクする季節、カップルで、家族連れで訪ねてみよう。同じ市内なので、イベントのはしごだってできる。


但東町

4月17日には「ペコちゃん」も来園 2016
2016 たんとうチューリップまつり

 300種類100万本は国内最大級。約60年の歴史を誇るチューリップの球根の産地で、まつりは1992年にスタート、今年記念すべき25回目を迎える。毎年楽しみな10万本のフラワーアートは、おちゃめな表情をした不二家の人気キャラクター「ペコちゃん」。期間中、かわいらしい子どもたちに不二家からお菓子のプレゼント(先着4000人)があり、17日(日)には「ペコちゃん」のキャラバン隊もやって来る。
 園内には、チューリップ見本園、チューリップ狩り、フードコートなどを設置。今年、隣接して整備を進めていた森林遊歩道エリア(約30アール)が完成し、杉林の中にコンテナ300個、約1万5千本のチューリップを置き、期間後半まで美しい花を楽しめるようにした。その一角にあるウッドデッキにはカフェをオープン。やわらかな木漏れ日が降り注ぐなか、赤、白、黄色と鮮やかに咲くチューリップをながめながら、コーヒー、アイスクリーム、フレンチトーストなどの飲食ができる。

★注意★
ナビ目的地検索は「そばの郷」
TEL0796-56- 0081
週末は大変混雑するので平日の来場がおすすめ
会場は田んぼなので、特に雨の日ははき物に注意

所/豊岡市但東町畑山 たんとう花公園(赤花そばの郷付近)  
時/9:00~17:00
料/高校生以上700円、中学生以下無料
問/TEL0796-54-0500(但東シルクロード観光協会)


豊岡市

スイーツコンテストや「菓子みくじ」
第6回菓子祭前日祭
4月16日(土)

  豊岡市三宅にある中嶋神社は、お菓子の神様「田道間守命(たじまもりのみこと)」をまつる神社の総本社。毎年4月の第3日曜日、今年は17日に菓子祭例大祭が行われる。その前日に、JR豊岡駅前の大開通りを歩行者天国にしてにぎやかに開催されるのが「菓子祭前日祭」。
 6回目となる今回は県内外から約60の和・洋菓子店が参加。各店自慢のオリジナル菓子を審査員が評価する「スイーツコンテスト」を行う。最優秀賞1点、優秀賞2点、審査員特別賞1点が昼過ぎには決まるということで、入賞作には長蛇の列ができそう。
 今回初めて中嶋神社のおはらいを受けた前日祭専用の「菓子みくじ」(1回100円)が登場。中には、大吉・吉・中吉などのほか、菓子にかかわるコメントや会場内で販売されている菓子を取り上げたラッキースイーツなどが掲載されていて遊び心いっぱい。あなたも運勢を占ってみては。

所/豊岡市千代田町~中央町 大開通り(豊岡駅通商店街)  
時/10:00~15:30
問/TEL0796-22-4456菓子祭前日祭実行委員会(事務局:豊岡商工会議所)

交/JR山陰本線・豊岡駅下車すぐ


日高町

チューリップまつりとコラボした温泉も登場
第8回神鍋山水仙まつり
【4月17日(日)】

 約7万本の水仙が咲く神鍋山岩倉ゲレンデにある水仙畑と、すぐそばの道の駅「神鍋高原」・神鍋温泉ゆとろぎ一帯で開催。
 水仙畑では、一人3本まで摘み取りができるほか、道の駅西口駐車場のイベント会場には、牛すじうどん、黒豆ごはんなどグルメ屋台が並ぶ。豊岡市の「玄武岩の玄さん」や、“神”つながりで兵庫県神河町の「カーミン」ら人気マスコットが登場し、カーミンダンス・写真撮影会(13:30~)や景品付き水仙○×クイズ(14:30~)など楽しいイベントを繰り広げる。神鍋温泉ではたんとうチューリップまつりとのコラボによるチューリップ湯が登場。水仙・チューリップの生花を見せたら入浴料が100円引きになるサービスも実施する。道の駅のレストランでは春野菜のランチバイキング(11:00~15:00、受付は14:00まで)が春の訪れを感じさせてくれる。
 4月23日㈯には、こちらも春恒例の「神鍋山春のJazzコンサート」を開催。現在、チケットの予約を受け付けている。

所/豊岡市日高町栗栖野  
時/10:00~15:00
問/TEL0796-45-1331(道の駅「神鍋高原」)
車/国道312号「江原」から国道482号






 

春の花だより


綾部市 あやべ由良川花壇展

ゴールデンウイークは由良川花庭園へ

4月29日(金・祝)~5月3日(火・祝)

 花木や園芸、緑に親しむことで、自然豊かな綾部をさらに花と緑でいっぱいにしようというイベント。毎年ゴールデンウイークに開催されており、今年で23回目を迎える。
 由良川河川敷に設けられた会場には、家族やグループ、企業や団体、学校などが、それぞれ工夫をこらして整備した花壇が点在する。初日の4月29日には「あやべ丹の国まつり」と合同で開会式(午前9時~)が行われ、丹の国まつりのパレードがここからスタートする。
 「あやべ由良川花壇コンクール」では、これらの花壇の中から綾部市長賞や京都府中丹広域振興局長賞など各賞を選ぶ。また、「花と緑の講座」(30日、1日)、「園芸なんでもオークション」(29日、3日)、ツリークライミング(30日)をはじめ数多くの花と緑の催しを用意。期間を通して、花と緑の販売会や相談会、綿菓子、ポップコーンの無料配布などが行われる。

所/綾部市青野町 由良川花庭園  
時/午前9時~午後4時
問/TEL0773-42-9030(綾部市シルバー人材センター)


与謝野町 雲岩公園
4月10日に「つつじ祭」
 
 「京都府百景・京都府の自然200選」に選定されるツツジの名所。
当日は各種模擬店や歌謡ショー(12:30~、18:30~)、夕方からはキャンドルアート(17:30~)やライトアップ(18:30~)などツツジと光の饗宴も。

所/与謝野町岩屋  
時/見学自由(イベントは10:00~)
問/0772-43-2258(雲岩公園つつじ祭実行委員会)


宮津市 獅子崎稲荷神社
鳥居とミツバツツジ
 
 
 4月中旬から下旬、朱色の鳥居を取り囲むように群生する数千本のミツバツツジが濃いピンク色の花を咲かせる。
山上の展望台からの眺望は雪舟が描いた国宝「天橋立図」の構図に似ていることから「雪舟観」と呼ばれている。

所/宮津市獅子崎  
時/見学自由
問/0772-22-8030(天橋立観光協会)



朝来市 白井大町藤公園
500mのフジ棚が作る幽玄な空間)
 
 山陰随一の規模を誇るフジの名所。約7000㎡の園内に総延長500mのフジ棚が続く。
4月下旬~5月中旬。5月6日(金)~8日(日)はライトアップを行う(18:30~21:00)。開花情報など詳しくはホームページを参照。
所/朝来市和田山町白井1008 
時/午前9時~午後6時
料/中学生以上500円、小学生以下無料
問/079-670-1636 (開園期間中)

 


京丹後市 花郷OKADA
次々と花が咲き乱れる花公園
 
 甲子園球場の5倍以上、75000㎡の園内に、芝桜、菜の花、チューリップ、花かいどう、ツツジ、こでまり、フジ、サツキ、バラなど、4月中旬から6月にかけて次々と花が咲く。近くにそばと肉料理の店もある。
所/京丹後市網野町木津岡田
時/午前9時30分~午後4時30分
料/中学生以上600円、小学生300円、幼児無料
問/0772-74-5005

 

■情報はいずれも2016年4月9日号発行のものです。