イチゴ狩りに出かけよう


春のポカポカ陽気に 誘われて

イチゴ狩りに
出かけよう


 

 めっきり春らしくなった今日この頃、少し足を伸ばしてイチゴ狩りはいかが。
赤く色づいたイチゴを口に運ぶと、甘い味わいが広がりほっぺが落ちそう。
今回は、イチゴ狩りが楽しめる3つのスポット、丹波市氷上町の「あぐり丹波3Dいちご園」と、舞鶴市瀬崎の「ふるるファーム」、福知山市戸田の「福山ファーム」を訪ねた。

多種のいちごが食べ放題!

あぐり丹波3Dいちご園


 舞鶴若狭自動車道春日インターから北近畿豊岡自動車道に入り氷上インターで下りる。
一般道を青垣方面に向かい「市辺南」の信号を左折。
案内看板に従って行くと、田んぼの中にたくさんのビニールハウスが見えてくる。
 「あぐり丹波3Dいちご園」は、農業生産法人あぐり丹波(久下聖太代表取締役)が2001年に始めたイチゴ園を、7年前から地域の活性化と都市との交流を目的に観光農園にしたもの。
長さ50mのハウス12棟半、3700㎡の敷地に、総延長3000mの高設栽培のイチゴ棚が広がる。

 
イチゴ狩りができる品種は6種類。「とちおとめ」「紅ほっぺ①」「章姫(あきひめ)②。昨年からは「かおり野」、今年、試験的にもういっこ③」「おおきみ」を作っている。また、イチゴ狩りはできないが、モモのような珍しい品種桃薫(とうくん)④も栽培している。
 イチゴ狩りは完全予約制で60分の食べ放題。エリア制限はなく(生育の状況によって一部制限される場合もある)、6種類のイチゴが食べられる。また、持ち帰り用のイチゴの収穫もできる。こちらは、品種に関係なく100g150円・250円の計り売りになる。

農場長の高見敦洋さん
 「3Dは、Dekkai、Delicious、Daisukiの頭文字。おいしいイチゴをお腹いっぱい食べてください」と農場長の高見敦洋さん(30)。
うまく取るコツは、引っ張るのでなく、へたの上を持ってちぎるようにする。
そしてヘタを取って、ヘタの方から食べると、より甘さが引き立つ。ぜひ試してみて。


お土産に、あぐり丹波特製の「苺ジャム」、
 丹波名物の黒豆うどんやモツ焼きうどんも用意!







期 間/5月末まで ※イチゴの状況により変わることがある。
時 間/10:00~14:00(15:00閉園)
定休日/月・火曜日(祝日は開園)
料 金/5月6日まで…小学生以上1800円、3歳以上・小学生未満1200円、3歳未満600円
5月7日~5月末…小学生以上1300円、3歳以上・小学生未満1000円、3歳未満500円(持ち帰りは100g150円~250円)
※幼児のみの入場はできない。必ず保護者同伴で。 


【予約・問い合わせ先】
あぐり丹波予約専用事務所 (10:00~15:00、水・日・祝日休)
TEL0795-86-8070
いちご園 090-4560-1098
住 所/丹波市氷上町

 

 

 

「いちご摘み体験学習」
いちごのことを学んで食べて

舞鶴ふるるファーム
 

 舞鶴ふるるファームは、大浦半島にある農業公園。目の前に日本海が広がる絶好のロケーションの中、農村レストランや手づくり工房、イチゴハウス、コテージ、クラインガルテンなどがある。
 ガラス温室内に立体7段式の水耕栽培システムを導入したイチゴ園では、程良い甘さと酸味が人気の「章姫」と「紅ほっぺ」が栽培されている。
 ふるるファームのイチゴ狩りは「いちご摘み体験学習」という名前の通り、他のイチゴ狩り農場とは違って、食べ放題ではなくイチゴの学習がメイン。まず、紙芝居を約10分間見て、その後、イチゴの摘み取り体験を約50分。その場で食べる10粒と、持ち帰り用の1パックを自分で収穫するというものだ。お腹いっぱい食べられないのは残念だが、「大切に育てたイチゴのことを知り、ちゃんと味わって欲しいから」とのことで、料金も抑えめにしてある。
 例年12月から4月頃まで体験できるが、今年は低温と日照不足で生育が大幅に遅れ、受け入れは3月下旬からになりそうとのこと。詳細はホームページなどで知らせる。

****************

農村レストラン ふるる
営/平日11:00〜15:00
   土日祝日11:00〜16:00・18:00〜21:00  
園内や地元農家が作った季節の野菜や地元の海産物を使った料理など、約60種類のメニューがビュッフェスタイルで味わえる。

ふるるお菓子工房
営/10:00〜17:00  
舞鶴発祥の肉じゃがのコロッケやジェラートなどを製造販売。
体験教室では「いちご大福作り」もできる。実施日は問い合わせを。

ふるる マーケット
営/9:00〜16:00
朝取りの新鮮野菜や農産加工品、園内の加工品を販売している。 
****************


期間/開始(未定)から5月上旬まで
時間/11:00~、13:00~(1日2回)
※期間、時間はイチゴの状況により変わることがある
定休日/火曜日
料金/大人1620円、小学生1404円、幼児(3歳以上)864円
※10粒の試食と持ち帰り1パック  付き(幼児は持ち帰りはなし)
【予約・問い合わせ】
TEL0773-68-0233
住 所/舞鶴市字瀬崎60

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

時間無制限!
気の済むまでイチゴを堪能

福山ファーム


 イチゴの栽培を始めて30年、シーズン中は西日本各地から一日300人が訪れる人気の農園「福山ファーム」。長さ70mのハウスが15棟、総面積9000㎡は関西最大級の規模だが、昨年、一昨年の豪雨で、すべて水に浸かる被害にあった。苗もほぼ全滅した状況だったが、「毎年楽しみに待っていてくれるお客さんがいるから」とスタッフが力を合わせ懸命に復旧。8棟のハウスで今年も開園することができた。味も例年通りという。
 品種は「章姫」をはじめ、「福娘」「福ちゃん」など5種類。珍しい品種もあるが、スタッフらは「おいしいかどうかは、食べてみて」とにっこり。 直売所を併設しており、採れたてのイチゴをお土産用に購入できる。各地から仕入れる新鮮なフルーツや野菜も並んでいて、直売所を目当てにやってくる人も多い。
 イチゴ狩りは予約不要。時間無制限なので、ゆっくり気の済むまでイチゴを堪能できる。



期間/3月21日から5月中旬まで
時間/ 10:00~16:00
定休日/無
料金/中学生以上1700円、小学生・70歳以上1400円、5、6歳1200円、3、4歳1000円、2歳以下無料
【問い合わせ先】
TEL0773-27-0954
住所/福知山市戸田307-1