肉じゃが発祥の地、舞鶴を訪ねる

 

肉じゃが発祥の地
舞鶴を訪ねる



 日本の味、おふくろの味として親しまれている「肉じゃが」。

その原点は海軍ゆかりの港町・舞鶴にあるという。元祖肉じゃがを求めて舞鶴を訪ねた。

ビーフシチューが肉じゃがに?
 肉じゃがの発祥は、1901(明治34)年に舞鶴鎮守府の初代司令長官として赴任した東郷平八郎が、青年期に7年間、英国へ留学した際に食べたビーフシチューにあるという。
その味が忘れられず、兵隊達の栄養食として作らせたが、当時は英国のようなワインやバターなどの調味料がなく、しょうゆ、砂糖、ごま油で味付けしたところ、現在のような肉じゃがが誕生したという。
 これが舞鶴市の海上自衛隊第四術科学校に残る『海軍厨業管理教科書』の「甘煮」で、この教科書は全国で舞鶴でしか見つかっていない。

「肉じゃが発祥の地・舞鶴」 を全国に発信
 この発見を受けて1995(平成7)年、市民有志が集まって「まいづる肉じゃがまつり実行委員会」が結成された。
98年には東郷ゆかりの英国・ポーツマスを訪問、肉じゃがが里帰りを果たした。
99年からは神奈川県横須賀市・広島県呉市・長崎県佐世保市と一緒に旧軍港四市グルメ交流会を、毎年各市持ち回りで実施。
肉じゃがの提供や、関連商品の開発なども行っている。

※クリックすると画像が拡大されます


**********
まちを歩いて発見!

肉じゃが発祥の地
ならではの
肉じゃが商品
**********


市内17店で肉じゃがを提供!  
舞鶴市内17の飲食店(西地域5店、東地域12店)で、それぞれに趣向を凝らした肉じゃがを提供している。
詳しくは「まいづる肉じゃがマップ」を参照。 駅や主な観光施設などで手に入れることができる。



★ほっとハウス
所/舞鶴市字浜421-1(八島通七条西)
時/10:00~16:00
休/火・木・日曜日、祝日(臨時休業あり)
TEL0773-62-1615

 
元祖肉じゃが定食  580円(税込)
 毎月29日、まいづる肉じゃがまつり実行委員会の料理長自らが海軍のレシピ通りに作る本物の元祖肉じゃが
(提供時間:午前11時30分~午後2時)


舞鶴肉じゃがコロッケドッグ 400円(税込)  
元祖肉じゃがコロッケとシャキシャキのキャベツをふわふわのパンにはさんだ
(提供時間:午前10時30分~午後3時)



★ふるるファーム
所/舞鶴市字瀬崎60
時/9:00~17:00 (レストランは、 平日11:00~15:00、土日祝11:00~16:00・18:00~21:00)
休/火曜日
TEL0773-68-0233

★手づくり工房では、舞鶴発祥の肉じゃがのコロッケとジェラートを製造・販売。
 しっかり肉じゃがの味がするジェラートは、不思議な味がくせになる。

肉じゃがコロッケ 103円(税込)


肉じゃがジェラート 309円(税込)


★大光物産株式会社
問/TEL0773-22-9859(大光物産)
★ 10月に発売されたばかりの新商品。
まいづる肉じゃがまつり実行委員会の監修で、元祖肉じゃがをチップスにした。
道の駅・舞鶴港とれとれセンター(同市下福井)で販売中。



★坂井精肉店
所/舞鶴市字浜429(七条通大門南)
時/9:30~19:00  
休/火曜日 TEL0773-63-3710

★元祖肉じゃがをそのままコロッケにした料理長のお墨付き。
注文ごとに1個からでも揚げてくれるので、アツアツが食べられる(午前10時30分~午後6時)。

元祖肉じゃがコロッケ 108円(税込)


★ラセール

所/舞鶴市浜601(八島通四条東)
時/7:00~19:00  
休/無休 TEL0773-62-4512

★ 旧海軍のレシピに沿って作った自家製の少し甘口の肉じゃががパンの中にぎっしり。
毎日、焼き上がりは午前8時30分~9時。値段も手頃でお土産にも最適! 


舞鶴肉じゃがパン 173円(税込)


★藤原食品
所/舞鶴市字浜455(八条通大門南)
時/8:00~18:00  
休/日曜日
TEL0773-62-1256

★老舗のこんにゃく専門店が作り上げた生芋入りのこんにゃく。元祖肉じゃがには欠かせない、肉じゃがまつり実行委員会の推奨品である。1袋200g入り。

肉じゃが糸こんにゃく 100円(税込)