感動のイルミネーション

 

この冬、京都丹波が
キラキラ輝いている

感動のイルミネーション


 
すっかり冬の風物詩となったイルミネーション。
澄みきった空気の中できらめく光が、幻想的な雰囲気を作りだす。
今ではあちこちで行われているこの催しだが、京都丹波で実施される2つのイルミネーションは、規模といい、演出といい、西日本でも屈指のもの。
南丹市園部町の「京都イルミエール」、京丹波町の「冬ほたる」。
その輝きは見る人を感動の世界へといざなう。

西日本初!
イルミネーションと雪とオーロラの祭典
好評開催中

京都イルミエ-ル


   

 
「京都イルミエール」が行われているのは南丹市園部町のるり渓。
標高500mの高原に温泉や宿泊施設、各種アクティビティーがそろっている。
冬は寒さが厳しく、訪れる人も少なくなるこの場所で、うっすらと雪化粧する自然の中に欧米の最先端の技術・手法を追求し実施されているのが京都イルミエール。
昨年、初めての開催にもかかわらず口コミだけで1万人を集めた。
今年は「おとぎの森 第2章 ~波濤をこえて~」をテーマに、100万球の照明と、関西初となるオーロラショーが繰り広げられている。
 おとぎの森に明かりがともるのは午後5時。
目の前に現れた光のトンネルに足を踏み入れると、いよいよ物語の始まり。
面積1万の回遊式の庭園とその周辺には、子どものころにたどった6つの軌跡が様々なイルミネーションとして展示されている。
 光のトンネル(軌跡1)に続いて現れるのが、子どものころによく遊んだ遊歩道をイメージした軌跡2「現実から過去の記憶への道」。
やがて視界は一気に広がる。このイルミネーションの中心、たくさんの願いをした子供のころを思う軌跡3「オンリーワンの『絆』」エリアである。
その中に高さ8mのおとぎの国のメインツリーがそびえている。
その先にはたくさんの友達が待つ軌跡4「森の入り口の門番」。
軌跡5「オーロラが舞うおとぎの森」では、森の仲間が幻想の世界を繰り広げる。
音楽に合わせて、現実のものとは思えない美しいオーロラが姿を現すのだ。ショーは午後5時30分から1時間おきに4回行われる。
 オーロラの美しさによいしれた後は軌跡6「誓いの展望台」。
辺り一面を見渡せる場所で、改めて京都イルミエールの全貌にふれられる所、その美しさに感動させられる。 

******************************
期/2014年3月9日(日)まで
時/17:00~21:30(21:00受け付け終了)
所/南丹市園部町大河内広谷1-14
 るり渓温泉 ポテポテパーク内
入場料/大人(中学生以上)1000円、
    小人(4歳以上小学生以下)500円
問/運営事務局 TEL0120-134-348
******************************





琴滝イルミネーション
70万個の光に誘われて、その後を追ってみたくなる

冬ほたる2013


 

12月13日(金)から開催
 京都縦貫自動車道丹波インターからすぐ、京丹波の名勝「琴滝」で行われる「琴滝イルミネーション 冬ほたる2013」。
町に住む有志が集い「多くの人が立ち寄るまちへ、そして多くの人が訪れるまちへ」とするため、2004年に「丹波みらい研究会」を設立。
結成当初より冬のイベントとして実施されている。

 イルミネーションは入り口から琴滝までの間、約250mにわたって続く。
使われているLED電球は70万個。日本屈指の規模だ。
イルミネーションの海、光のトンネル、滝から流れ出る小川を覆うイルミネーションなどが続く「恋人たちの散歩道」を行くと、目の前に現れるのが高さ43mの一枚岩を流れ落ちる琴滝。
それを琴の弦をイメージした光の帯で飾りつけた巨大なイルミネーションは「冬ほたる」の象徴。静寂の中に響く水音をバックに、白い光に映し出された世界は息を飲むほどに美しい。

 冷えた身体をポカポカにしてくれるのが丹波の食材を使った特設屋台。
今秋とれた小豆とその日に杵つきしたもちで作ったぜんざい、にしんそばは冬ほたる名物として有名。

 また、最終日の12月24日(火)には、オカリナ奏者、ともえだ良平さんのステージもある。
静かに光を放つイルミネーションの中で、オカリナのすばらしい音色が響く、思い出に残るクリスマスイブが迎えられる。

******************************
期/12月13日(金)~12月24日(火)
時/17:00~22:00
所/京丹波町市森 琴滝公園
入場料/500円(中学生以下は無料)
問/京丹波町観光協会
TEL0771-89-1717
******************************

●車でのアクセス
 積雪や凍結に備え必ず冬用タイヤを装着すること。
特に京都イルミエールの会場(るり渓温泉)までの間には狭い山道や峠道もあるため、運転は十分注意して。


京都イルミエール
●福知山方面より:福知山市街地→(国道9号)京都方面へ→和田交差点を右折(国道173号)→はらがたわトンネル手前を左折(府道731号)→会場(るり渓温泉)
●園部方面より:園部市街地→河原町交差点を能勢方面へ(府道54号)→船坂交差点を左折(府道453号)→会場(るり渓温泉)

琴滝イルミネーション
冬ほたる2013
京都縦貫道丹波ICから1.5km。
国道9号・琴滝道の信号から会場方面へ。
駐車場までは道幅が狭い道路のため、一方通行になっている。