魅力いっぱいの丹波 丹波市・篠山市を訪ねる



ぐるっとたんば
魅力いっぱいの丹波
丹波市・篠山市を訪ねる

 

 丹波は京都府と兵庫県にまたがる地域。歴史ある名所・旧跡や楽しい各種施設が豊富で、小豆、黒豆、栗、牛肉など農畜産物は“丹波ブランド”として良く知られている。その丹波で現在観光キャンペーン「ぐるっとたんば」を実施中。今回は、そんな魅力いっぱいの丹波の中で、丹波市・篠山市を訪ねた。

 

 



丹波市青垣町
関西随一のスカイスポーツエリア

天気の良い日には岩屋山から飛び立った色とりどりのパラグライダーが空を舞う

丹波市市島町
白鳳時代の寺院跡が残る

三ツ塚史跡公園は白鳳時代(1300年前)の寺院跡。園内に花ショウブ園もある

丹波市春日町
春日局が生まれたベジタブルタウン

興禅寺(黒井城の下館)。春日局(幼名お福)は明智光秀の甥、齋藤内蔵利三の娘としてここで生まれた

丹波市氷上町
日本一低い中央分水界の町

水分れ公園には、人工の滝や分水界をイメージした水分れの池、資料館などがある


水分れ公園には、人工の滝や分水界をイメージした水分れの池、資料館などがある


丹波市山南町
「丹波竜」と不老長寿の漢方の里

丹波竜化石工房ちーたんの館では2006年8月7日に発見された丹波竜のことを紹介している


約300種類の薬草薬樹が植えられた薬草薬樹公園には「薬草の湯」や食事処もある

丹波市柏原町
織田家ゆかりの静かな城下町

推定樹齢1000年のケヤキが川をまたぐように伸びた天然記念物の「木の根橋」


京都石清水八幡宮の別宮として創建された八幡神社。神社に塔があるのは珍しい

篠山市
丹波の城下町と立杭焼の煙

平成12年3月、篠山城跡に総工費約12億円をかけて大書院が復元された


伝統的建造物群保存地区に指定される河原町妻入商家群。途中に丹波古陶館、能楽資料館がある


丹波市市島町
白鳳時代の寺院跡が残る

三ツ塚史跡公園は白鳳時代(1300年前)の寺院跡。園内に花ショウブ園もある



観光キャンペーン
「ぐるっとたんば」実施中

 兵庫丹波観光ネットワーク推進委員会などでは、
篠山市・丹波市の見どころやグルメスポットをバスツアーや周遊タクシーでめぐる
観光キャンペーン「ぐるっとたんば」の参加者を募集している。

魅力満載の4コース
周遊バスツアー

都市部を発着する4コースを用意(昼食付き)。途中乗降もできるので相談を。
実施期間/平成25年7月~9月(計4回)
募集人員/各コース40人(予定)
参 加 費/大人1人4800円、小人1人3800円(昼食付き)
申し込み/先着順

■コース1

7月15日(月・祝)
夏の丹波 こだわり味覚巡り&スイートコーンもぎとり体験の旅

■コース2
 
丹波古陶館(篠山市)
8月4日(日)
歴史と伝統につつまれた城下町篠山散策と丹波の祇園さん波々伯部神社例祭見学の旅

■コース3
 お菓子の里丹波(篠山市)
8月24日(土)
丹波竜の里・化石発掘体験と薬草薬樹公園で丹波まごころ昼食&パン作りの旅
お菓子の里丹波(篠山市)

■コース4
9月23日(月・祝)
丹波の味覚狩り(栗拾い)と丹波の味覚たっぷり昼食、500万本のコスモス畑見学の旅


最寄駅から好きな所へ
周遊タクシー

2人から6時間貸し切りで自由に周遊。おすすめモデルコースもある。
実施期間/9月30日(月)まで
募集組数/期間中40組(1組2人~15人)
参 加 費/1人2000円
乗降場所/JR福知山線の丹波市・篠山市内の最寄駅
申し込み/出発日の6日前まで、先着順


■問い合わせ・申し込み先■

兵庫県旅行業協同組合
「ぐるっとたんば周遊バス応援事業」係
TEL.080-4236-2762(近藤)
TEL.080-9125-5661(中井)
10:00~17:00
日曜・祝日休み