特集トップ

熱い夏に
冷た~いスイーツ


 今年の夏は太平洋高気圧の勢力が例年より強く、暑い夏になるとのこと。そんな時に食べたくなるのが、かき氷やアイスクリームなど冷たいスイーツ。シャリシャリのかき氷、昔懐かしいアイスクリーム、冷たいたい焼きなど、注目のお店を集めてみました。

豊岡市
谷口今川焼店
夏の風物詩、かき氷の名店


(写真)伝統の看板メニュー、宇治しぐれ

 豊岡で知らない人はいないかき氷の専門店。昭和24(1949)年9月、今川焼の店として開店し、間もなく夏季限定でかき氷を出すようになった。現在は2代目店主の谷口弘文さん・幸江さん夫妻と、娘の知里さん・敬一さん夫妻が一家で切り盛りしている。


(写真)谷口弘文さん・幸江さん夫妻

 メニューは当初、みぞれ、いちご、金時ぐらいだったが、姫路から嫁いで来た幸江さんが次々と開発。今では15種類以上もある。


(写真)店内にあるショーウインドー

 透明できれいな堅い氷を使い、職人技でかいたかき氷は、きめが細かく、ふわふわしていて口あたりがいい。トッピングにもこだわっており、基本のみつはもちろん、小豆、ぎゅうひなどを、もと和菓子職人だった店主が丁寧に手作りする。


(写真)かわいらしいストロベリーしぐれ

 小豆、ぎゅうひ、フルーツ、アイス、抹茶をトッピングした宇治しぐれ(650円)。抹茶は注文が入ってから点ててかけるので香りがとてもいい。子供にはストロベリーしぐれ(550円)が人気。トロピカルなメニューも多い。


豊岡市中央町13-1(生田通)  
TEL0796-22-3517   
(営)9:30~18:00  
(休)不定休  
Pなし

福知山市
浅草家
冷たいたいやきが評判!

(写真)冷たいもっちりたい焼き(小豆)

 1匹ずつ手焼きする「天然物」のたい焼き、今川焼、たこ焼、わらび餅など、甘党にはこたえられないお店。そこに今年、新登場したのが「冷たいもっちりたい焼き」。特別な生地に赤岩高原卵(舞鶴市)と国産の山芋を練り込むことで、冷やしても皮はもっちり、あんもちょうど良いやわらかさになる不思議なたい焼き。あずき、甘味の中にちょっぴり塩味の効いた桜あんの2種類があり、1匹200円。


(写真)たい焼きソフト


あたたかいたい焼きが網野町・酪ママ工房のソフトクリームにダイブする、たい焼きソフトもユニーク!

(写真)かき氷(いちご、メロン)


福知山市中ノ51-1(御霊公園前)
TEL0773-24-0246  
(営)11:00~18:00
(休)火曜日  
Pあり



京丹後市
間人アイスキャンデー
昔懐かしい素朴な味を受け継ぐ

(写真)間人アイスキャンデー

 元祖・間人アイスキャンデーの店が廃業することになり、店長の中江信彦さん、母の和美さんが伝統の味を受け継ぎ20年ほど前から作り続けている。昔ながらのレシピに忠実に、材料は練乳、でんぷん、水、砂糖だけ。フレーバーは、豆から煮上げる小豆、自宅で栽培するイチゴ、精華町産の無農薬抹茶、ミルク、隣町で取れるブルーベリーの5種類(左上写真左から)。安心・安全な材料で手作りすることによって60円~100円という開店時から変わらない低価格で提供している。

(写真)あっさり味のソフトクリームも人気商品

(写真)蟹モナカ(左)、うずまきモナカ(右奥)と間人モナカ

(写真)店の背後に日本海が広がる

京丹後市丹後町間人1856  
TEL0772-75-1402  
(営)11:00~19:00(8月は20:00まで)  
(休)水曜日(7・8月は無休)  
Pあり



丹波市
キャリー焼菓子店
果実をまるごと味わうかき氷

(写真)大粒のブルーベリーがたっぷり(右)

 チーズケーキが評判の焼菓子店で、密かに人気を集める夏限定のかき氷。「ブルーベリー」(700円)は、器からあふれんばかりの氷の上に、丹波市市島町産の有機ブルーベリーがごろごろとのっている。濃厚な果汁と自家製シロップが口の中で溶け合う、酸味と甘みの絶妙なハーモニー。ほかに、レモン、八朔など柑橘系シロップの「レモネード」(650円)、見た目も華やかな「すももヨーグルト」(750円)がある。レアチーズ(+100円)をトッピングするとより豪華に。


(写真)大人の味わい「レモネード」。写真はレアチーズのせ

(写真)木を基調にしたおしゃれなお店

丹波市春日町中山373
TEL080-1416-8857
(営)11:00~18:00  
(休)火、水曜日(臨時休業あり)  
Pあり



舞鶴市
Pasticceria Gelateria Mica Male
パスティッチェリア ジェラテリア ミカ マーレ
本場の伝統的手法で作る濃厚ジェラート

(写真)イタリアで定番のヘーゼルナッツと、濃厚なチョコレートは、最高の組み合わせ(手前)。彩り鮮やかなスモモとパイナップル(奥)

 鼻を抜ける芳醇な香り、密度の濃い滑らかな食感。いままでに食べたジェラートとの違いに驚く人が多い。店主の四方美佳さんは日本各地を食べ歩き、味に惚れ込んだイタリア人シェフに弟子入りし、素材そのものの味を最大限引き出すシチリアの伝統的手法を学んだ。化学調味料は使わず、手間がかがるが常時15種ほどを日替わりで並べる。ピッコラ(1~2種盛り)400円~。種類が混ざると美味しさが倍増するそうなので、おすすめの組み合わせを店主にたずねてみて。

(写真)お座敷、テーブル席もある 

舞鶴市余部下1164-3
TEL0773-60-2638
(営)11:00~19:00(土日祝 10:00~)
(休)水曜、第2、3木曜日(7、8月は不定休)  
Pあり



宮津市
黒岡アイスクリームショップ
音楽好きのオーナーのコレクションも

(写真)ミルク、小豆、いちご、酒かすなど、カップアイスは約10種類(左)

 店内は、音楽好きのオーナー・黒岡伸光さんのギターやレコードなどのコレクションでいっぱい。その中に埋もれるように、今年100歳を迎えた祖母で創業者のマチノさん直伝のレシピで作った、昔ながらの懐かしいカップアイス、アイスもなか、アイスバーが入った冷蔵庫がある。また、ミルク味のソフトクリームは、甘さ控えめのすっきりとした味わいが評判で、これを目当てに通うファンも多い。持ち帰りは、ドライアイスなどの用意がないので、各自で準備を。

(写真)一番人気のソフトクリーム(210円。ミニは110円)

(写真)個性豊かな楽しい店内 

宮津市須津733-10
TEL0772-46-2066
(営)11:00~19:00
(休)木曜日(祝日は営業)
Pなし

これまでの特集はこちら