特集トップ

即実践、速キレイ
年末 お手軽 掃除術


 年末といえば、大掃除。でも一年で最も忙しいのも年末。できればササッと済ませたい。整理収納アドバイザーで片付けのプロ・瀧本ルミさんに、掃除が苦手な人でも簡単なお手軽掃除術を教えていただきました。スッキリして新年を迎えましょう。


整理収納アドバイザー
るんるんのおうち
瀧本ルミ先生
 福知山市在住。マイホーム購入を機に片付けに興味を持ち、整理収納アドバイザー1級を取得。自宅で継続型の片付けレッスン「おうちレッスン」を開講したり、訪問サポートも行っている。レッスン生からは、「家がすっきりして、リラックスできるようになりました」、「無用な買いだめが減り、お財布にもよいです」など、うれしい声が届く。
 12月17日から、第3期おうちレッスン開講。問い合わせは、12月13日以降に(携帯電話)080-3853-6183へ。



【掃除の前に】
実はここが大切!

 掃除をよりスムーズに進めるためには、やみくもにとりかかるのではなく、事前の準備が大切。いくつかのポイントをあげてもらいました。

心構え
 「面倒だなぁ」と思いがちですが、雨の日も風の日も家族を守ってくれているのが家。「いつもありがとう」と、感謝の気持ちを持って掃除しましょう。

道具
 頑固な汚れも、洗剤の種類やブラシ次第でスルっと落ちます。時間を有効に使うためにも、適材適所の道具を用意しましょう。

「クエン酸」
 水あかには、クエン酸が効果あり。水にクエン酸を溶かし、スプレーボトルに入れて使う。短時間で汚れを落としたいときは濃いめの配合で、500mlの水に大さじ3杯くらい。液は作り置きできないので、使い切れる量を用意する。

「セスキ炭酸ソーダ」
 最近、注目されている天然素材の「アルカリ剤」。キッチンの油汚れに使い、重曹よりもよく落ちる。粉末のほか液体、シートタイプなどがあり、ドラッグストアで販売されている。

 ブラシ、ヘラ 
 毛先がVカットになったブラシや、ヘラがあると便利。隅に潜む汚れを掻きだしたり、削りとったりする。

コンビニでもらうお手拭きを、キッチンペーパーがわりに活用。

フローリングシートは床だけでなく、天井や壁など家中の掃除に重宝する。(使えない素材もあるので注意)

不用品は処分を
 物が多いと掃除するときに、つまづいたり、物が倒れたりして危険です。また、いちいち動かさなければならず大変。状態の良いものは、フリマアプリやリサイクルショップで売るなど、「お別れ作業」をしてから掃除にとりかかってください。

お昼ごはん
 「今日は掃除をするぞ」という日は、お昼ごはんを用意しておくこと。キッチンを汚さず、さっと食べられるものがおすすめです。 

クリックすると大きく表示されます

 いつもスッキリ片付いているルミ先生のおうち。実は、「大掃除はほとんどしない」とのこと。小まめに掃除する「小掃除」でキレイを保てるそうです。

これまでの特集はこちら