美山ふるさと株式会社の大野 琢馬さん


 

美山ふるさと株式会社の
大野 琢馬さん


 Uターンして気付いたふるさとの魅力

 日本有数の原生林を行く「芦生の森ネイチャーガイドトレッキング」が人気を集めている。「専属のガイドが同行し、安全で楽しいトレッキングにご案内します」と主催する美山町自然文化村河鹿荘の大野琢馬さんは話す。
 美山町江和の出身。嫌で飛び出したはずの田舎に、30歳を前にUターンした。
 「大阪芸大でインテリアデザインを学び、イベント会社で働いていましたが、田舎者で田舎が好きだったんでしょうね」と笑う。帰郷後、ちょうど募集をしていたエコツーリズム推進の緊急雇用で採用された。
   「全く初めての仕事に就き、ふるさとのことを何も知らない自分に気付いた」と言う。それからは勉強の日々。地元のことを知るにつれ、より好きになっていったと言う。
 現在の正式な肩書は、美山ふるさと株式会社エコツーリズム推進課長兼宿泊観光課長。地元の観光資源を発掘し、ツアーなどを企画する仕事だ。
 「南丹市にとって、観光は地域復興の重要なカギ。宿泊体験、教育旅行、外国人旅行者の誘致などに努め、豊かな自然と文化が残る美山の素晴らしさを多くの人に紹介したい」と話す。



芦生の森のツアーは11月まで実施。
問い合わせ・申し込みは
TEL0771-77-0014(河鹿荘)またはインターネットから