気になるお店トップ

宮津市/和食 
寿司・カニ料理 なみじ
丹後の“地のもの”にこだわる
 

 店主の岸本佳久さんは、大阪のすし店で7年間修業の後、実家が営む民宿のすぐそばに店を開いた。それから10年、“地のもの”にこだわり、すしを握って来た。  魚は毎朝、栗田半島の2つの漁港に足を運び、自分の目で確かめて仕入れる。一押しは、その日の水揚げによってネタが変わる地魚にぎり(7貫、2000円)。鮮度と丁寧な仕込みが評判だ。  米(丹後コシヒカリ)、しょうゆ(細井醤油店)、卵(三野養鶏場)、野菜・果物も「生産者の顔が見えて安心」と丹後のものを使う。メニューはほかに、海鮮丼、一品料理、コース料理(4000円~)、平日限定のお得なランチ(1000円)など。  店主と女将は利き酒師で丹後の地酒も豊富。カウンターで会話を楽しみながらすしと酒を楽しみたい。予約が確実。    



宮津市波路2402-2
TEL0772-20-1188
営/昼11:30~14:00( L.O.13:30)   
   夜17:30~22:00( L.O.21:30)
休/水曜日、第3火曜日
Pあり

■写真上=その日の水揚げによってネタが変わる地魚にぎり。昼はみそ汁がサービスで付く
■写真下=店主の岸本佳久さんと女将の果奈さん

プレゼント 
本日のオススメにぎりをペア3組に 
応募はプレゼントコーナーから


情報は、いずれも2017年8月11日号のものです。

掲載店一覧はこちら