気になるお店トップ

福知山市/中華・和食  
丹波の奥座敷 たかた荘

懐石中華料理をいち早く考案

 「四川料理の父」と言われた陳建民氏に師事したオーナーの高田義巳さんが1977年に創業。「関西ではまだ四川料理が知られていない頃でした。麻婆豆腐を出すと、『なんていう辛いものを食べさせるんだ』とよく怒られました」と話す。たかた荘では、この中華四川料理と日本料理、そして両者をコラボさせた懐石中華料理をいち早く考案した。
 福知山に四川料理を伝えて40年、これを記念して始めたのが「四川薬膳火鍋」(要予約)。中国では一般的な鍋料理で、同店では辛みの効いた秘伝の薬膳スープとまろやかな和風スープの2種類で食べる。薄くスライスした紙すき豚肉と鶏肉のAコース(2850円)、鴨ロースのBコース(3000円)があり、季節のキノコと旬の野菜もたっぷり。フォーで締める。



福知山市末広町4-22-1
TEL0773-23-5221
 レストラン
営/11:30~14:00
  17:00~21:00
休/不定休
Pあり



■写真上=店内にはレストランのほか、TPOに合わせて様々な部屋を用意
■写真下=四川薬膳火鍋。薬膳には漢方なども入り、美容と健康にもよい

プレゼント 四川薬膳火鍋をペア2組に
 
応募はプレゼントコーナーから


情報は、いずれも2018年2月10日号のものです。

掲載店一覧はこちら